社会福祉士の役割と意義 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,455
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士の役割と意義」
    平成19年12月5日に「社会福祉士及び介護福祉士法等の一部を改正する法律」(平成19年法律第125号)が公布された。 近年の介護・福祉ニーズの多様化・高度化に対応し、社会福祉士及び介護福祉士の資質確保、向上を図ることが求められていることがその背景となっている。 改正のポイントは以下のように大きく4つ挙げられる。 ①定義の見直し 社会福祉士が従来行って来た相談援助に利用者がその有する能力に応じて尊厳を持った生活が営めるよう、医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整等の橋渡しを行い、包括的な援助を行うことが明示された。 ②義務規定の見直し ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。