社会福祉協議会の機能と課題 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数725
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    今後の課題について、更に掘り下げることが必要と思われます。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「市町村社会福祉協議会の機能と課題について」
    市町村社会福祉協議会(以下社協)は、社会福祉法109条に規定され,市区町村における地域福祉を推進する中核として位置づけられた団体であり、具体的な機能については以下の7点にまとめられる。 ①「住民ニーズ・福祉課題の明確化、住民活動の推進機能」地域の住民と協力して、福祉ニーズを的確に把握し、地域の福祉課題を明らかにするために社会福祉調査等を実施し、問題解決に向けた福祉活動を推進している。すなわち福祉活動の担い手である住民との関わりであると言える。 ②「公私社会福祉事業等の組織化・連絡調整機能」社会福祉に携わる団体や人々、保健・医療、教育、労働といった関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。