社会福祉に関わるもの内面的価値観について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数131
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉実践に関わっていく者の内面的な価値観、援助観」について
    支援を必要としている人々の多くは、社会一般的に弱い立場に置かれている。そのため援助活動の多くは「どう守ってあげられるか、何を与えられるか」ということを先に支援者が考えてしまうことが多い。 従来の援助に対する考え方は主に「保護主義」であった。現在は「自己決定」の時代と言われるが実際のところ福祉の現場では現在でも保護主義が根強く残っている。保護主義そのものをすべて否定するわけではないが、「保護主義」はかくも集団的保護や一律の対応になりがちであり、基本的な生活を充足させるためのルーティンの繰り返しに陥りがちになる。援助を必要としている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。