社会調査の倫理的配慮について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,169
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の倫理的配慮」について
    社会福祉士が、社会調査・研究を行うことは、様々な情報を共有することで援助者に対する利益に繋げる目的があり意義深いといえる。しかし一方で、社会福祉士はプライバシーの尊重や秘密保持など利用者への倫理的責任も負う立場にある。現在、社会でも個人情報などの重要性が認識され、中でも保健や福祉といった人間を対象とする研究領域では、対象者の権利を守るという意識が高まっている。福祉分野でも2004年に日本社会福祉学会が、「日本社会福祉学会研究倫理指針」を策定しており、特に社会調査に関するものは「社会調査倫理綱領」があげられる。そこから社会調査の倫理上の配慮について述べる。  ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。