「自立した生活」の概念 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「自立した生活」とは
    高齢者等の自立した生活において、以前は特に日常生活動作(ADL)の自立が重視されることが多く、現在もそのような風潮は残っているように感じる。  ADLとは人間が独立して生活するために行う基本的な、毎日繰り返される一連の身体動作群を言う。より具体的には毎日の寝起き、着脱衣、移動、食事・排泄、洗顔・入浴など、日常の生活を送るために必要な基本動作のことを指し、近年では高齢者の生活機能の尺度として用いられることが多くなっている。また、交通機関の利用や電話の応対、買物、食事の支度、家事、洗濯、服薬管理、金銭管理など、自立した生活を営むためのより複雑な作業が求められる活動を含み、これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。