市町村地域福祉計画策定における住民参加の意義と住民参加促進の具体的手法について(社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数475
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「市町村地域福祉計画策定における住民参加に意義と住民参加促進の具体的手法について」
    社会福祉法で定められた市町村地域福祉計画を住民参加で行う意義は、その地域での暮らしや地域のあり様を、そこに住む住民が主体的に決定していくためであるといえる。  元々それぞれの地域で誰もがその人らしい安全で安心した生活が送れるような地域社会を作ることが地域福祉の本来の目的であるならば、制度だけでは賄えない様々なニーズが発生するとも思われる。それを住民らの自発的な行為により先駆的に充足を行って行くことが求められている。そのため、地域住民がその地域の福祉の担い手としての自覚を持ち、そこから活動への参加や共同活動の取り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。