国際機能分類(IFC)が持つ重要性 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数283
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    ICFが持つ実践上の重要性について記述すると良いと思います。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「国際機能分類」(ICF)説明と、社会福祉の実践へのIFCが持つ重要性」
    WHOは1980年に「国際障害分類試案」を発表し、障害の分類について定義と細目を示した。国際障害分類(ICIDH)は障害を、機能障害、能力障害、社会的不利の3つのレベルに分け、それぞれの段階における問題の所存を明確にし、適切な対応ができるようにすることにその目的があった。それまでは障害のある人はリハビリテーションに励み、障害のない人と同じように生活することが求められていた感があったが、国際障害分類によって、ハンディキャップは社会側の問題であり、物理的、制度的、意識上などバリアのない社会を築く努力をすることが求められるよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。