更生保護制度の概要 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数863
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「更生保護制度について」
    近代日本の更生保護の歴史は、1888年の金原明善の静岡県出獄人保護会社に遡る。当時監獄のための財政負担が余りに大きいことから、再入獄者を減少させることが大きな課題となっていた。出獄者の保護事業には民間の篤志家たちが取り組み、公費による助成も行われた。さらに1905年には執行猶予制度が、1922年には起訴猶予制度が導入され、それぞれ更生保護の対象に加えられた。  現在の保護観察制度の前史として、旧少年法に基づく司法保護委員、思想犯保護観察法に基づく思想犯保護観察制度等をあげることが出来る。1942年に犯罪者予防更正法、1950年に更生緊急保護法、保護司法、1954年に執..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。