記録の重要性とその特徴(介護、相談) (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数524
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助における記録の重要性と特徴」
    社会福祉の援助活動は、普遍的、公共的な専門行為といえる。つまりその行為は、専門知識、技術、志向すべて価値に裏付けられたものであり、意図的な働きかけとして行われるものである。従ってその内容や結果は、客観的に、科学的に理解されるように記録に残す必要がある。「優れた実践は優れた記録から生まれる」といわれるように、記録は必要不可欠なものであり、利用者に対してよりよい援助を提供したり、機関や施設の機能を高めたり、援助者の実践能力を高めたりする重要な役割を果たしている。また、信頼関係の形成、ニーズの的確なアセスメント、適切な支援計画の作成・実施・評価というソーシャル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。