株式会社による特養の解禁について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数136
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「株式会社による特別養護老人ホームの経営を解禁すべきである」との意見の是非について
    2003年度より、「構造改革特区」において株式会社による特養の運営をPFI方式または第三セクター方式による参入を認めている。  株式会社による特別養護老人ホームの運営には多くのメリットもある。まず一つは、施設数が増えるにあたり、莫大な数の施設待機者が減少するということ。人口○万人程の当市においても、一施設につき常に200名以上の待機者がおり、その中には待機中に満足な介護環境を得られないままお亡くなりになる方もいる。特養入所だけが介護環境を整える手段ではないにしろ、家族とご本人の負担を緩和できる一つの大きな手段で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。