医療ソーシャルワーカーの業務内容 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数251
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    システムがどうあればよいかなど、自分の考えを記述するべきと思います。参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療ソーシャルワーカーの業務内容
    医療ソーシャルワーカー(以下MSW)は、全人的な医療のために患者の心理社会面と、医学的側面との調和を図る役割がある。 業務内容をまとめると、疾病や心身障害などに悩む患者やその家族が安心して医療を受けることができるよう、保健・医療上の経済的、心理的、社会的な問題に対して相談に応じ、患者や家族の療養上の問題や生活障害に対処するものであり、患者や家族に対して、疾病や障害によって引き起こされる経済問題・心理問題・家族問題・職業問題・退院時の問題など解決のために各種の制度やサービスを関連づけ、ケースワーク、マネジメントを実施する。具体的には下記の通りとなる。 (1) 「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。