ストレングスパースペクティブ(ストレングス視点)とは (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,476
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ストレングスパースペクティブ(ストレングス視点)」
    ストレングスパースペクティブ(以下ストレングス視点)とは、1960年代の公民権運動などを契機に、アメリカのソーシャルワーク実践理論において1980年代以降提唱されている視点である。「ストレングス」とはそもそも「強さ」や「長所」「力となるもの」「支え」といった意味を持っており、例えば人が上手だと思うもの、生得的な才能、獲得した能力、スキルなど,潜在的能力のようなものを意味する。  それまではクライエントの弱点や問題点(脆弱性)に焦点をあてて、その不足や欠点を補うような「治療モデル」が主体であったが、1980年、ジャーメインらは、ソーシャルワーク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。