ジェネラリストソーシャルワークについて (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,783
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジェネラル・ソーシャルワークについて
    ソーシャルワークが専門職として成立していく過程において、主要な三方法は独自の発展、固有の理論の発達を遂げた。しかし、その「専門分化」を超えて、ソーシャルワーク実践を全体的にとらえ、共通基盤を明確にすることが課題であった。 ソーシャルワーカーは、サービス利用者本位の質の高い福祉サービスの開発と提供に努め、社会福祉の推進とサービス利用者の自己実現をめざす専門職である。しかしながら、ソーシャルワーカーは相対する個人だけではなく、相互関係にある家族・集団・地域社会など多様で複雑な環境を視野に入れながら活動をする必要がある。 ジェネラル・ソーシャルワークの定義には明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。