サインズオブセイフティアプローチとは (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,723
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉子ども社会家族児童問題虐待家庭援助

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    評価Aのレポートでしたが、更にご自分の体験を踏まえた記述を入れると良いと思います。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用するのはくれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助演習
    「サインズ・オブ・セイフティ・アプローチについて」
    サインズ・オブ・セイフティ・アプローチ(SoSA)は、オーストラリアの家族療法家のアンドリュー・ターネルとソーシャルワーカーのスティーブ・エドワーズによって開発された、子供家庭への援助活動・相談援助の方法の一つである。具体的には、「すべての家族が安全のサインをもっていると認識すること」「利用者を一緒に取り組むのに値するパートナーとして尊重すること」「安全に焦点を合わせ続けること」「虐待に協力するのではなく、人と協力すること」「強制が必要な場合であっても、協力は可能であると認識すること」といった12の実践原理と、「家族一人ひとりの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。