インテーク(受理面接)の意義と注意点 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,140
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価Aのレポートでした。参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用するのはくれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「受理面接(インテーク)の意義と注意すべき点について」
    インテークは、まず利用者に関する情報収集と状況の把握から始まる。ソーシャルワーカーが利用者に対し、援助が提供できるかどうか判断するためには情報収集を行う必要がある。しかしこの段階の情報収集は単に必要な情報を得る事をのみを目的としているわけではなく、利用者が相談を望んでいることを受け止めながら、利用者の置かれている状況を把握することも同時に求められている。  「解決したいことは何か」「ワーカーにどういう役割を期待しているのか」などの具体的な話を通して、利用者の置かれている全体的な状況を把握する必要がある。把握された状況はこの後の実践課程にお..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。