[日大通信]交通論 分冊1 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数252
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の国内線のエアライン及び空港政策は、日本の経済状況をそのまま反映し、国内線の旅客の66%が羽田に集中する状況となっている。地方から地方ということではなく、地方の都市から東京を目指して出張する、旅行するという状態が如実に現れている。当然、各エアラインの儲かる路線といえば、羽田中心であり、羽田の枠の取り合いとなるのが現状である。
    また、日本の国際線の現況は、韓国の仁川国際空港が、2011年の1年間に仁川空港を利用した乗り換え旅客が、成田空港の529 万人を上回り566 万人と発表した。これは、成田をアジアのハブ空港にしようとしている日本にとっては、重大なニュースである。なぜ、アジア大陸の東端という好立地である成田空港が、仁川空港に抜かされてしまったのか、その問題点をいくつか挙げていく。
     まずは、日本における空港政策の在り方である。このシステムが各空港のみならず、航空会社にとって、大きな問題となっている。日本の国際空港における着陸料の高さは、世界の中でもトップクラスである。これは、高いほど航空会社の負担も増大し、空港の就航便数にも影響を与える。なぜ、それほど高いのだろうか。それは空港..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。