初等家庭科教育法 明星大学 過去問 000758 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数644
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2009年 単位修得 成績 良 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等家庭科教育法 明星大学 過去問
    2.小学校家庭科の「衣服の手入れ」で扱う指導内容を説明せよ。
    学習指導要領には
    衣服の着用と手入れについて,次の事項を指導する。
    ア 衣服の働きが分かり,衣服に関心をもって日常着の快適な着方を工夫できること。
    イ 日常着の手入れが必要であることが分かり,ボタン付けや洗濯ができること。
    とある。
    基本的事項には、(1)汚れの付着と布の性能低下(2)洗剤(3)洗濯物の分類である。
    実体験から手入れの必要性に気づく…洗い方を調べる等の実習につなげる。
    洗濯・・・手洗い、洗濯機
    ボタン付け・・・留め具としての役割や付け方に気づかせ、自分でできるようにする
    2.「家庭との連携」を図ることが必要と言われているが、その意図と具体的な方法について説明せよ。
    家族の一員として,家庭生活を改めて見つめ直したり実感したりする
    →現実の自分の生活の中から課題を見いだし,身に付けた知識や技能を活用して生活をよりよくしようと工夫する能力と進んで実践しようとする態度を育てる。生活をよりよくするために工夫しようとする能力と,生活において実践しようとする意欲的な態度を育てることを目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。