初等算数科教育法 明星大学 過去問 000755 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,275
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2010年 単位修得 成績 可 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等算数科教育法 明星大学 過去問
    A 数と計算
    1.数の概念を養うというのはどういうことか。
    数概念発生の基礎となるものは「集合の知覚」と「数え方」にあり、それがどのように関連を持つかを明らかにしなければならない。
    まずは、具体物を数えるということから出発し、数字の持ついろいろな意味を理解させていく。
    同じ数字でも、「集合数」と「順序数」の意味の違いがあることがわかっていく。
    大きい数になると、グルーピングの考えによって、数の概念をさらに定着させていく。
    グループによる数え方。数系列を利用する際の柔軟性、すなわち数系列の任意の数から数えていく能力や数利用によって、もっとも簡潔な算定をすることができるようになる基本的な方法。
    グループによる思考への移行は、算数学習上に鋭い質的転換を招く。
    数系列の助けによって、ある数量の群れを単位に分解する。
    「1つずつ数え上げる」方法では、掛け算の場合でも、そこから脱却できない。
    数を他の数と関係させて見られるようにすることは重要なことであり、数の相対的な見方にもつながり、加法や減法などの計算法の前段階として大切な点である。
    2.加法には意味の上で「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。