初等国語科教育法 明星大学 過去問 000754 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数849
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2011年 単位修得 成績 可 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等国語科教育法 明星大学 過去問
    【2009年06月】【2007年11月】
    1、国語科と『総合的な学習」のかかわりについて、具体例をあげながら意 見を述べよ。
    (国語科と生活科)
    幼児期は体験活動が中心の時期であり,周りの人や物,自然などの環境に体ごとかかわり全身で感じるなど,活動と場,体験と感情が密接に結び付いている。小学校低学年の児童は同じような発達の特性をもっており,体験を通して感じたことや考えたことなどを,常に自分なりに組み換えながら学んでいる。このような発達の特性を生かし,生活科など他教科等との関連を積極的に図ったり,幼稚園,保育所,認定こども園における言葉に関する内容などを参考にして国語科の指導計画を作成したりすることが必要である。
    【2011年7月】
    国語科と読書について、一問を選んで答えよ。
    ①読書の意義を述べよ。
    ②国語科学習と読書について自分の考えを述べよ。
    <意義>読書に親しみ,ものの見方,感じ方,考え方を広げたり深めたりするため,読書活動を内容に位置付ける。
    <方法>教材については,我が国において継承されてきた言語文化に親しむことができるよう,長く読まれている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。