初等図画工作科教育法 明星大学 過去問 000752 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数345
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2009年 単位修得 成績 良 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等図画工作科教育法 明星大学 過去問
    1.自由筆記
    「造形遊び」学習の目的と内容について、具体的な指導例をあげながら述べよ。
    目的:無目的な無償の造形行為や造形活動そのものにねらいをおき、あそびそのものの過程で色や形、材料の変化に対する子どもの柔軟な造形性を思いのままに発揮させようとする。主体的に材料や場所、環境などにからだを使って働きかける活動。その活動から、造形的な創造活動の基礎的な能力や造形技能を身につけ、造形の楽しさや喜びを体得していく。
    内容:低学年…身近な自然物や人工物を材料とする。色や形などの特徴から思いつき、からだ全体を働かせながら、並べる、つなぐ、積むなどをする。材料や場所の活用…「ふわふわ」ポリ袋をつなぐ。共同作業。つなぐ、飾る、あそぶ。からだ全体を働かせる…「あなをほってみると」掘る、飾る、入る。
    中学年…材料の特徴をもとに発想したり、場所の特徴から造形活動を思いつくなどしながら、豊かな発想をし、友人とともに活動する。材料や場所の活用…「ここがだいすき」お気に入りの場所を飾る。行為の展開…「光の国へ!」スクリーンで投影。ステンドグラス用の絵の具。
    高学年…自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。