体育科教育Ⅰ 明星大学 過去問 000631 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数244
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2011年 単位修得 成績 可 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体育科教育Ⅰ 明星大学 過去問
    【2006年05月】
    児童期における子供の体力の発達的特徴について述べ、その向上のさせ方について説明せよ。
    4行動体力 運動・スポーツなどを積極的に行うための能力。
    行動体力の要因
    ・筋力 筋力は筋の横断面積に比例することから、発育期の筋力発達の背景には筋量の増加が関係している。とくに、思春期以降の男子における著しい筋力発達には男性ホルモンの分泌増加が大きく関与している。
    ・パワー パワー=力×速度。力は筋力であり、速度は筋の収縮速度である。前者は後者よりも発育に伴う発達が著しい。
    ・持久力 低学年では男女とも比較的安定した増加を示し、高学年あたりから、とくに男子は中学生になるとさらに急激な増加を示す。
    ・敏捷性 神経系の発達と密接に関係してくる。小学校中学年までは、比較的発達しやすい状況にある。
    ・平衡性 小学校前半の発達が比較的大きい。
    ・柔軟性 関節の可動域に関与する筋、靭帯などの組織の弾性や脂肪組織などによって左右される。
    など特有な発達経過を示す。
    身長の発達速度のピークが現れる前までは、動きづくりや調整力に有効な時期であり、ピークが現れる頃か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。