教育相談研究 明星大学 過去問 000571 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数555
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2010年 単位修得 成績 良 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育相談研究 明星大学 過去問
    2006年11月 08年5月 不登校の子への相談活動について論述せよ。  登校拒否の早期発見・援助について述べよ。
    2008年10月 2009年12月 不登校傾向の子どもに対するグループアプローチについて述べよ。
    学校教育相談では不登校を広義に解釈し、不登校状態全てを含めて学校に行かない、行けない状態を不登校と定義付け。
    指導援助で最も大切なことは、不登校を予防すること
    不登校の状態になる以前に予防チェックリスト等を参考にして予防的な教育相談に心がけるべき
    第一次予防 学校に「いじめ」があれば事前に取り除く活動
    第二   早期発見による予防 保健室に行く回数が増えた、遅刻が増えた
          子どもの様子をよく観察して訴えをよく聴く個別教育相談をしていくべき
    第三    再発予防 不登校をしていた子どもが、再登校をする場合に登校する日や時間を自己決定させ、徐々にゆっくりの適応を心がける
    理由のはっきりしない遅刻や欠席がある場合、特定の曜日になると欠席したり、登校しようとすると体調不良を訴える「登校しぶり」の兆候が見られた場合には、不登校の前駆症状と受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。