道徳教育の研究 明星大学 過去問  000460 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数271
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2012年 単位修得 成績 優 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の研究 明星大学 過去問
    【2011年4 月】【2009年05月】【06年05月】道徳教育の意義を明らかにせよ。
    【08年4月】学校における道徳教育の限界について述べよ。
    人間はいかにいきるべきかを教える教育というのは、本来的に道徳教育である。
    意義: 自己の生き方は自己の手に委ねられているため、いかに生きるかは個人の自由である。しかし、自由がある以上、責任が伴うことは当然である。
    人間は本来的に道徳的に生きるべき存在としてこの世に生をうける存在であるとしても、人としての生をうけた瞬間から道徳的に生きるべきであることを意識したり、自覚したりしているわけではない。そこで教育が必要になる。
    その教育は生き方の教育として始められるが、生き方の基本は、まず、生きる術であるから、生きていくことに必要な技術的側面の教育、しつけが行われる。
    しつけの段階では、子どもは自力で善悪、生・不正の判断をすることはできないので、しつけにあたる者が代わって判断をしている。
    他人との接触、そしてそこに生じる衝突、善悪の判断を迫られる機会が多くなり、それを通じて子どもの道徳性は発達していく。
    絶えず変貌する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。