教育課程論 明星大学 過去問 000454 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数721
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2010年 単位修得 成績 可 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育課程論 明星大学 過去問
    ●わが国の教育課程(カリキュラム)改革の歴史を戦前と戦後に分けてまとめなさい。  ●日本における「現代化」運動の特質とは
    <戦前>国家が国民に対し富国強兵の国策遂行のために就学を強制するという性格を義務教育はもっていて、そこからの脱却を求める教育改革の動きが明治末年になると教育現場に吹き出してくるようになった。
    大正デモクラシーの時代の風潮の中で、子どもの個性や自主性の尊重を旗印としていた。
    新しく設立された私立小学校や実験学校的性格を持つ師範学校附属小学校を中心に、デューイスクールなど欧米の新学校の実践や理論に学びながら個性尊重の教育を唱え、教育の科学的、実験的研究を目指して全国的な注目を浴びた。
    ● 昭和22年度版、26年度版の学習指導要領に表されたカリキュラム改革の特徴についてまとめなさい。
    <戦後>1947年。アメリカに提出された報告書が提示したのは、生徒が出発点でなければならないというアメリカの進歩主義教育思想に基づくカリキュラム編成論だった。戦後最初に出された「学習指導要領一般編(思案)」の序論で、児童の要求と社会の要求とに応じて生まれた教育課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。