教育方法学Ⅰ明星大学 過去問 000451 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数411
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学試験 2012年 単位修得 成績 良 のテスト対策に使ったものです。
    過去の問題と、それに対する答えをまとめてあります。
    合格を目指す方のお役にたてればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法学Ⅰ 明星大学 過去問
    【2006年10月】
    1.問題解決学習の意義をまとめた上で、その長所と短所を整理せよ。
    意義:生きる力、社会情勢の変化、目の前の問題に対処する力
    学習者自身の思考力、判断力、洞察力などが育成され、解決の方法自体も学ぶことになる。
    問題の把握、情報の収集、解決のための仮説、解決の試行、仮説の検証、結果の報告
    学習者中心(経験中心)主義の教育方法
    長所 学習者に生きて働く知識や認識の深化、社会を変革するような力の育成
    主体的な学習
    異論を認める姿勢と広い視野が育成できる。
    短所 普遍的知識としての基礎学力の低下
    人類の培った文化遺産や知識を系統的に伝授する機会がない。
    子どもが問題として解決するのは限られた分野であり、偏りも生じる。
    広く客観的な知識を育成するのは、難しい。
    一定の教材や授業計画が決められておらず、授業の方向や時間配分が把握できない。
    一定の時間では解決しない。
    評価方法が不明
    最大の課題 「問題」を何に設定するのか 子どもの関心か、それとも教師が期待する知識か。
    (1)情報活用能力  情報を効率的に収集、分析、整理、伝達
    (2)絶対評価
    学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。