初等社会科教育法  2単位目 合格レポート 明星大学 000757 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数753
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 良 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    ・指導で主体的知識化と問題解決力の両者を養うためには?
    ・指導計画作成の留意点、評価の意義と観点に関連させて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    指導で主体的知識化と問題解決力の両者を養うためには?
    公民的資質の基礎を養うためには広い意味での実践的な知識と問題解決力を育てていくことが必要である。確実と不確実、両方の事実を含んでいる情報に主体的に働きかけて認識によって得られた内容、すなわち知識が形成され、整理、系統づけられて知識の体系を作り出す。概念知識が意味的に体制化されているという考え方をさらに広げたのが、新しい情報が広い概念的な枠組みに組み込まれ、それが現実世界での経験を通して発達するという考え方であるスキーマである。スキーマは新しい情報が処理される時に様々な形で影響を与える。さらに、情報を蓄積して、後に検索する際の枠組みとなり、その検索プロセスを方向づける役割を果たす。スキーマは日常生活に欠かせないが、逆にその便利さゆえの欠点もあり、特異で高度な非定常問題の解決を生み出す創造性が発揮されにくいことがある。また、言語により明確に表現することのできない知識も存在する。それが暗黙知である。細部について厳密に言葉で表せなくてもなされ得る全体の認知で、身体の個々の部分的な動きを明示し得なくても可能になる技術の習得である。スキーマも暗..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。