初等理科教育法  2単位目 合格レポート 明星大学 000756 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数334
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1 理科と環境問題のかかわりの中で「理科と環境教育のかかわり」について述べよ。
    2 「各学年における理科の学習形態の取扱と指導計画の作成」について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1理科と環境問題のかかわりの中で「理科と環境教育のかかわり」について述べよ。
    環境問題に関して正しく判断し、正しい行動に向かう心を育てること、すなわち、環境倫理観の育成こそ環境教育の根本である。そのために必要なものは、環境保全の基礎としての科学的認識である。複雑化していく環境問題の理解のためには、科学的認識と、常に学び続ける態度が必要である。そして、環境倫理観の根底をなすのは、自然観、生活観、人間観などの価値観である。環境教育に関わる自然観とは、自然界での人間の存在についての認識である。アルン・ナエスは、人間の自然に対する考え方、環境問題についての考え方を、①Shallow ecology環境問題を人間中心に捉える考え方②Deep ecology人間中心の考え方を排撃し、地球上の生物はすべて宇宙船地球号の乗組員であり、特に強い力を持つ人間は他の生物の存在を尊重しなくてはならないという考え方、という2つに大きく分けている。前者の視点が置かれがちであるが、後者にももっと目を向けて、真剣に考えていかなければならないということを、教育の場でも取り上げていかなくてはならない。しかし、小学生の段階..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。