初等体育科教育法 2単位目 合格レポート 明星大学 000753 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数593
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    「器械運動」領域の、5年生を対象にした「跳び箱運動」について、単元計画を作成せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「器械運動」領域の、5年生を対象にした「跳び箱運動」について、単元計画を作成せよ。
    第5学年 跳び箱運動 単元計画
    ①器械運動の領域特性 器械運動は、マット、鉄棒、跳び箱などの各種の技および技の組み合わせに取り組んで、楽しさや喜びを味わう運動である。しかし従来の学習指導要領では、努力により克服していくところに価値が置かれていた。新学習指導要領では「技術達成のスポーツ」という器械運動本来の特性として捉えるように改められた。跳び箱運動では器械の高さや長さを利用し、自らの体の操作をして「技ができる」ようになることが追究される。
    ②跳び箱運動について 切り返し系と回転系、2つの体系に大きく分けられる。切り返し系では着手後回転方向がきりかわる。跳び箱をまたぎ越すまでは、比較的恐怖心を抱かずに学習を進めることができる。しかし、第二空中局面を雄大にしようとするための着手技術の習得が難しい。一方、回転系の技は踏み切りから着地まで回転方向が変わらない。限定された高さ・幅の器械上で技を行うため、頭越し局面で強い恐怖心をもつ。しかし、頭越しの感覚習得後は「はねの技術」の習得に重点が置かれ、この技術の習得によ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。