初等体育科教育法 1単位目 合格レポート 明星大学 000753 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数519
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    小学校体育科における運動領域のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校体育科における運動領域のそれぞれのねらい及び内容を説明せよ。
    ほとんどの領域で「運動に進んで取り組む」「きまりを守る」「仲よく運動する」「安全に気を付ける」というようなねらいは全学年共通である。以下の「①ねらい」には、各領域特有のねらいを示す。
    「ゲーム」①ねらい「勝敗を受け入れる」。創意工夫に関して、低学年は「規則の工夫」「攻め方を決める」、中学年では「ゲームの形に応じた作戦を立てる」となる。②内容<1、2学年(以下、低学年とする)>ボールゲーム/鬼遊び<3,4学年(以下、中学年とする)>すべて易しいゲームを行うようにする。ゴール型/ネット型/ベースボール型。
    「体つくり運動」①ねらい「体を動かす楽しさや心地よさを味わう」「運動の行い方を工夫できるようにする」低・中学年の「体の基本的な動き」の習得は、高学年では「体力を高めること」となる。②内容<低学年><中学年>体ほぐしの運動(心と体の変化に気付いたり,体の調子を整えたり,みんなでかかわり合ったりするための手軽な運動や律動的な運動)/多様な動きをつくる運動遊び(体のバランスや移動,用具の操作)<5,6学年(以下、高学年とする)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。