生活科教育 2単位目 合格レポート 明星大学 000691 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数414
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    ①生活科の学習指導について工夫したい方法、留意すべき事項を自分の視点でまとめなさい。
    ②生活科と「総合的な学習の時間」の関連について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①生活科の学習指導について工夫したい方法、留意すべき事項を自分の視点でまとめなさい。
    生活科の基本的な視点は①自分と人や社会とのかかわり②自分と自然とのかかわり③自分自身、の3つで、いずれも自分が視点の中心になっているという特色がある。一人ひとりが自分とのかかわりで、自分自身の学習を展開するような内容構成の必要がある。これをふまえ、生活科の学習指導で留意すべき点は、教師の「支援」であると考える。教え込むのではなく、援助し助言することが教師の役割の中心となる。児童が意欲的に自ら進んで活動するように、教師は学習環境を整え、授業の場ではその主体的な活動を促す援助者となることが必要である。教師は個々の子どもについて理解を深め、学習を励まし、それぞれの能力や適正などを引き出し育てるという考え方をもつことが大切である。自主的、意欲的に学び、活動するのを援助し支援するといった子ども主導、過程重視の指導が必要である。また、生活科における支援のあり方は、子どもの「願い―実現活動」=「為すことによる学習」が保証されるような活動や体験の指導あると考える。それは、生活科が、方法として「活動や体験」を重視する点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。