生活科教育 1単位目 合格レポート 明星大学 000691 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数967
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    ①生活科の意義について、生活科新設の背景への言及をまじえて検討せよ。
    ②生活科の学年目標の特色を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①生活科の意義について、生活科新設の背景への言及をまじえて検討せよ。
    生活科は、平成元年の小学校学習指導要領によって、小学校低学年のひとつの教科として新設された。まず、新設の背景を述べる。昭和30年代前半、問題解決学習から系統学習への転換の中で、低学年における合科的な指導が登場し、昭和33年の学習指導要領改訂で、第1・2学年の各教科の指導の際は一部の教科を合わせて授業を行えると規定された。その後、幼稚園と小学校低学年で教育内容の構成の仕方や指導の方法における大きな差異、児童を取り巻いている社会的及び自然的な環境について学習するための新教科や教科の改廃を含む再構成を検討する必要性、具体的な活動や体験を通した総合的な指導ができる教科構成のあり方、等の課題や議論を経て、昭和61年に新教科「生活科」の設定が提言された。低学年児童は未分化な発達状態かつ具体的な活動を通して思考する段階にあるため、具体的な活動や体験を通して自立への基礎を養う生活科を新設し、この中で社会認識の基礎を培い、生活上必要な習慣や技能を身につけさせるようにする、という提言であった。昭和61には、社会科及び理科は生活科の中に統..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。