家庭科教育 1単位目 合格レポート 明星大学 000681 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数511
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 優 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1 学校教育における家庭科教育の意義及び今後の課題について述べよ。
    2 今日の環境問題をふまえ、小学校家庭科における環境に配慮した学習指導のあり方について考えを述べるとともに、実践例を2つ検討せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1学校教育における家庭科教育の意義及び今後の課題について述べよ。
    小学校家庭科は、実践的・体験的な学習をもとに、家庭生活に必要な知識や技能を習得することを目的としていることに特徴がある(a:17)。小学校の家庭科の学習対象は、自分と家族の生活であり、毎日過ごしている家庭生活である。現代の子どもたちにとって、家庭生活は身近であるため無意識に過ごしてしまいがちな空間である。この中でよりよく生活するために、モノや人に働きかけて自分や家族が楽しく、健康に、快適に、生活しやすいように児童自身が変え、生活自立能力を身につけていくことが必要である(a:11)。児童の生活の自立を目指すことは、家庭教育の役割といえるが、家庭生活における価値観や家族構成の違いがあったり、家庭における教育では系統性や科学的認識に欠けたりするので、教科としての必要性があると考える。自分の家庭生活に必要な知識や技能を身につけ、家族の一員として家庭や社会に参加できるような力をつけさせること、生活の自立を目指すことが、家庭科教育の意義であると考える。現在、子どもの生活体験が減少し、生活が画一化し、物が作られる過程を知らない子が増え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。