理科教育 2単位目 合格レポート 明星大学 000661 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数473
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1 理科の授業における観察・実験の意義と安全対策について述べよ。
    2 理科の授業の自然環境における観察・実験とその評価について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1理科の授業における観察・実験の意義と安全対策について述べよ。
    観察とは、視点を定めて見ることであり、観察によって把握した自然の事物・現象の仕組みや原因を解明するために、意図的に取り組む活動が実験である。活動の順番は、活動が先で、実験がこれに続くのが一般的ではあるが、観察の段階がないまま、実験から学習に入ることもある。また、実験は、その過程や結果についての観察も当然含まれるゆえに、観察と実験の順についてはあまりこだわる必要はない。実際に授業の中で行われる活動では、観察と実験を区別することは難しいのである。観察・実験の意義は、学習を効果的に進め、子どもの理解を深めることである。「観察・実験」の機能、意義は、以下のように考えられる。①問題を発見したり、問題の本質を把握する機能②予想したり推論したりしたことを確かめる機能③仮説やモデルを検証する機能④問題を解決するための情報や資料を収集する機能⑤学習した事項を確かめ、定着させる機能⑥観察・実験の基本的な方法や器具の操作について学習させる機能⑦学習の補助・補充・発展の機能。また、学習指導の面から見た「観察・実験」の役割は、①子どもに共通経験を得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。