国語科教育 2単位目 合格レポート  明星大学 000641

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数425
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 優 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    日本語における外来語の功罪について論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本語における外来語の功罪について論じなさい。
    広義の外来語は、日本民族以外の言語で日本語に取り入れられたものを広く包括する。狭義の外来語は、西欧系の言語で日本語に取り入れられたもの。ここでは、外来語は、漢語以外の言語で、日本語に取り入れられたものをさすことにする。
    まず、外来語の功から述べる。外来語は一般に、文化水準の高い国から低い国に流れ込み、他国の恩恵をこうむることが多い。日本における外来語も例外ではない。
    日本語にもっとも早く伝わったのは、上代のサンスクリット語、朝鮮語、アイヌ語、室町時代のポルトガル語、スペイン語、江戸時代のオランダ語、明治時代以後の英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語などである。具体的には、以下の通りである。サンスクリット語は、仏教と共に伝来したので、仏教に関する用語が多い。アイヌ語は事物に関する用語、ポルトガル語…キリスト教用語、オランダ語は医学、薬学、博物学をはじめとする自然科学関係の学問・知識に関する語である。「言葉」とともに、文化や技術も伝わってくる。これは外来語の功であると考える。
    現在のIT関係の言葉も外来語である。コンピュータ、ホームページ、メ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。