特別活動研究 1単位目 合格レポート 明星大学 000572 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数218
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年単位修得 成績 良 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    戦後の教育課程の変遷で、教科外活動がどのように位置づけられてきたかについてまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2.戦後の教育課程の変遷で、教科外活動がどのように位置づけられてきたかについてまとめなさい。
    特別活動の変遷は、明治時代以降、3つの時期に分けられる。3つの時期とは、①明治5年の「学制」以降 儀式を中心とした学校行事が主体であった時期②戦後の新教育が始まって、学習指導要領が「試案」とされていた時期 学習指導要領に法的拘束力がなかった時期③学習指導要領が「告示」されるようになって以後 学習指導要領に法的拘束力があるとされるようになって以後の時期、である。ここでは、小学校中心に、②と③の戦後の特別活動の変遷について述べる。
    ②について 終戦後、文化国家、道義国家の建設を目指すという方向転換の姿勢を示し、占領軍はそれまでの軍国主義的、超国家主義的教育を一掃した。今後の教育の基本的な改革の姿勢が表れている学習指導要領一般編(試案)で、これまでと違っている点は、以下の3点である。1従来の修身、公民、地理、歴史の廃止、社会科の新設2家庭科が新しい名前とともに、内容を異にして設置3自由研究の時間の設置。この自由研究が、今の特別活動に関係している。自由研究の時間は、子どもの自発的な学習をさらに深く進め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。