道徳教育の研究 2単位目 合格レポート 明星大学 000460 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数376
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年単位修得 成績 優 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1 道徳教育を成功させる方法の原理について述べよ。
    2 現行の小学校学習指導要領における道徳教育の考え方について説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1道徳教育を成功させる方法の原理について述べよ。
    道徳性とは、社会の様々な規範、規準、価値などを知り、自分の考えや行動を調整していこうとする個人の特性と定義する。今世紀に入ってからの心理学の発展は「子どもそのものを出発点とみなして、子どもをその発達において観察」し、研究することにおいて多くの成果を生み出してきた。道徳性の心理的研究に4つの根源がある。①フロイドの時下、超自我論にみられる同一視による両親の発達研究②ピアジェによる子どもにおける道徳判断研究③ハートション、メイ、ハヴィガースト、ペックによる品性の研究④ハルの新行動主義的学習理論や、バンデュラの社会、行動主義的学習理論にもとづく道徳的研究。①ピアジェは、道徳性の発達について認知的側面から先駆的研究を重ねてきた。規則の意識についての分析を試み、規則の実践は①純粋に運動的個人的な段階②自己中心的段階(2~5歳)③初期協同の段階(7,8歳)④規則性低下の段階(11,12歳)の4段階を経て発達するとした。また、規則の意識は①純粋に個人的な段階②規則を大人から発生し、永続的で神聖なものとする段階(4~9歳)③規則を相互の同意に基づいたも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。