道徳教育の研究 1単位目 合格レポート 明星大学 000460 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数302
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年単位修得 成績 優 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1 道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ。
    2 明治以降の我が国の道徳教育の変遷について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1道徳の意義とその教育の必要性について論述せよ。
    人間が生きることは社会に生きることであり、よりよく生きるということは、社会でよりよく生きることである。そのためには、社会で是認される行為が必要であり、成員個人あるいは成員相互間で行為を規制するものが社会規範である。その中で特に重要な3つは、慣習、法、道徳である。道徳は、他の2つよりも規制力が弱く、反しても明らかな形の制裁を受けにくい。人は、生をうけた瞬間から道徳を意識してはいない。そこで教育が必要になる。これが道徳教育の意義である。他人との接触し衝突し、善悪の判断の機会を通じて子どもの道徳性は発達していく。道徳教育の必要性には①本来的必要性②現実的必要性の2つがあると考える。
    ①について 成長の中で、現象面でも意識面でも人の間にいることを認識していく。他者という個体を認識しても、最初は、自己と異質の存在とは認識できない。やがて他者の存在を本当の意味で認識できると、自分の欲求が他者の欲求とは限らないと認識する。互いの欲求が違い、利害の対立として表れた際の本来の対応の仕方こそが道徳的行為である。それは、真の意味で他者の存在を認識し、双方の欲..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。