教育課程論 4単位目 合格レポート 明星大学 000454 

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数204
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    ①これからの教育課程の在り方を「学び方を学ぶ」教育課程の実践の視点から論じなさい。
    ②伝統的教授論と新しい教科構成の基本原理の違いを説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①これからの教育課程の在り方を「学び方を学ぶ」教育課程の実践の視点から論じなさい。
    知識の詰め込み受験勉強からの脱却とよりよい自主的な学び方への転換を図る学び方の転換が、立場の相違を超えて各方面から求められている。テスト的教育体制は、物知りをつくることには役立つとしても、ものごとを構造的に捉え、本質を深く追求する学問を、つまり問うことを学ぶ教育を妨げている。各教科の基礎的・基本的内容に関するより基礎的な学び方の指導もしっかりなされ、そして、自らの課題を見つけ、自ら学び、自ら考える学び方の指導に力を入れることは、これからの学校のあり方として大切なことである。すなわち、学び方を学ぶ教育課程である。学び方指導の核心は、問うことの指導にあり、問い心を育てることが学び方学習の根幹とならねばならない。学校の任務も、本来は、子どもの問い心をますますふくらませていくような教育をすることである。このような問い心を育てる授業、すなわち学び方の転換を図る授業の成立条件①師問児答から児問児答への授業観の転換。子どもたちが自ら問い、みんなでその問いについて考え、追求する学び方が基本となるように授業のあり方を変え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。