教育課程論 3単位目 合格レポート 明星大学 000454

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数167
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    1.教育課程の編成の原理を教科の具体例および子どもの発達と関連させてまとめなさい。
    2.教育課程の構造を明らかにし、あわせて教科書の機能についてもまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.教育課程の編成の原理を教科の具体例および子どもの発達と関連させてまとめなさい。
    学校の教育課程を編成するのはそれぞれの学校の教師である。個々の教師が実際に設計する教育課程は1つであるにしても、各教育課程には①国家的又は政治的・経済的・社会的要求によって定められる教育課程②学校で編成され、年間計画として具体化される教育課程③個々の教師が計画し実施する教育課程、が含まれている。では、教育内容の選択は何を基準にし、どんな原理に基づいて行われているのか。これには2つの立場①子どもの興味・関心や生活経験の発展など学習者の主体的条件に依拠して内容を系統化する経験主義の立場②子どもの主体的条件を考慮に入れつつも、客観的現実を分析・総合の手続きによって認識する科学の基本的方法とともに学問的知識の体系そのものを教科内容に組み替え系統化する立場、がある。ここでは、それぞれの立場の例を挙げる。1つ目は社会科で、社会科単元は生活単元と呼ばれる「児童が彼らの生活において、具体的にぶつかる問題」で構成され、身近な生活から始めて、次第に時間的・空間的に遠くの生活に及ぼす同心円拡大方式をとっている。しかし、心理的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。