教育課程論 1単位目 合格レポート 明星大学 000454

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2010年単位修得 成績 可 のレポートです。
    自分の言葉で作成するレポートのお役に立てればと思います。

    レポート課題
    現代の学校教育の問題点から見て、なぜ学校知の転換が必要になっているか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の学校教育の問題点から見て、なぜ学校知の転換が必要になっているか。
    日本の学校は今、重大な転換期に直面している。三無主義、いじめ、校内暴力、登校拒否などの教育荒廃現象が目立ち始め、21世紀の教育のあり方を展望する学校教育改革案が出されてきたが、問題はいっこうに改善されないばかりか、深刻化してきているとさえ言える。これからの子どもたちに必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力である。そのためには、教師も自らの力で調べ、考え、判断することが、これまで以上に要求され、期待される。これまでの「画一性、硬直性、閉鎖性」で、個々の教師が教育課程の編成に創意工夫をこらすことは著しく制限されていた教育から、1998年の教育課程審議会答申にあるように「これまでの、知識を一方的に教えこむことになりがちであった教育から、自ら学び自ら考える教育へと、その基調の転換を図り、子どもたちの個性を生かしながら、学び方や問題解決などの力の育成を重視するとともに、実生活との関連を図った体験的な学習や問題解決的な学習にじっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。