【2012年度版】国語科概論 B判定 NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数389
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格済みです。
    評定はB判定です。
    2012年度版に対応しています。
    働きながらのリポート、しんどいですよね><
    そんなお忙しい方、是非「参考」にして下さい。
    あなたのリポートの骨子作成のお手伝いになるかと思います。


    適切な言語運用能力について「基盤的言語能力・文脈的言語力・主体的関与」の観点から考察して述べなさい。

    第1章 基盤的言語力と「読む・書く・話す・聞く」こと
     「読む・書く・話す・聞く」ことにおける基盤的言語力について、文字と表記を適切に運用する力、語彙力、文法力、音声言語力といった四つの国語力の観点から述べていく。
     まず、文字と表記を適切に運用する力について述べる。文字を読み・書きする場合、現代仮名遣いに関する知識が重要となる。助詞の書き方を始めとして、「仮名」における決まりを学ぶことが学習の要点と言える。
     また、漢字に関する知識も重要となる。漢字を読む・書く場合には、音読みと訓読みの違いを知らなければならない。漢字の表記には、具体的な決まりが多く存在するが、漢字を意味のまとまりとして読む・書くということが重要となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適切な言語運用能力について「基盤的言語能力・文脈的言語力・主体的関与」の観点から考察して述べなさい。
    第1章 基盤的言語力と「読む・書く・話す・聞く」こと
     「読む・書く・話す・聞く」ことにおける基盤的言語力について、文字と表記を適切に運用する力、語彙力、文法力、音声言語力といった四つの国語力の観点から述べていく。
     まず、文字と表記を適切に運用する力について述べる。文字を読み・書きする場合、現代仮名遣いに関する知識が重要となる。助詞の書き方を始めとして、「仮名」における決まりを学ぶことが学習の要点と言える。
     また、漢字に関する知識も重要となる。漢字を読む・書く場合には、音読みと訓読みの違いを知らなければならない。漢字の表記には、具体的な決まりが多く存在するが、漢字を意味のまとまりとして読む・書くということが重要となる。
     二つ目に、語彙力について述べる。語彙とは、適切な語の集合であり、語彙力とはどれだけの語を知り、使えるかということである。語彙力を適切に運用するためには、語の意味の違いについて適切に知る必要があり、新たに語を学ぶ段階では、漢語・和語・外来語などの違いを意識しながら系..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。