【2012年度版】国語科教育法 A判定 NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数569
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定を頂き、合格しています。
    2012年度版に対応しています。
    働きながらのリポート、しんどいですよね><
    そんなお忙しい方、是非「参考」にして下さい。
    あなたのリポートの骨子作成のお手伝いになるかと思います。

    国語科授業の計画と評価について述べよ。

    第1章 学習者主体の授業
     学校教育における教師の役割を簡潔に述べると、「学習者の支援」に他ならない。学校教育における主体は学習者である。もちろん、学習指導要領は学校教育課程から年間指導計画、単元指導計画、1単位時間の計画などの全ての課程の基準となるが、主体とはならないだろう。現場の教師は目の前にいる学習者の実態上の課題を個別に把握し、それを基準として授業の計画をしていく必要がある。これからの時代に求められる国語科教師の力量は、学習者の日常生活に必要な言語能力を育成するために、学習者主体の授業を計画する力が必要と言えよう。
     先に述べたように、教師が授業の計画をする前提には学習者の実態の把握が必要である。国語科においてのそれは「学習者の国語力の把握」である。学習者の国語力は、国語科教育のみでは形成できない。なぜなら、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科授業の計画と評価について述べよ。
    第1章 学習者主体の授業
     学校教育における教師の役割を簡潔に述べると、「学習者の支援」に他ならない。学校教育における主体は学習者である。もちろん、学習指導要領は学校教育課程から年間指導計画、単元指導計画、1単位時間の計画などの全ての課程の基準となるが、主体とはならないだろう。現場の教師は目の前にいる学習者の実態上の課題を個別に把握し、それを基準として授業の計画をしていく必要がある。これからの時代に求められる国語科教師の力量は、学習者の日常生活に必要な言語能力を育成するために、学習者主体の授業を計画する力が必要と言えよう。
     先に述べたように、教師が授業の計画をする前提には学習者の実態の把握が必要である。国語科においてのそれは「学習者の国語力の把握」である。学習者の国語力は、国語科教育のみでは形成できない。なぜなら、国語科授業の時間よりはるかに多い時間に、学習者は日常生活における言語生活の営みとして日本語を学習し用いているからである。
     教師が学習者のもつ国語力の実態を把握する上で最も重要な方法が、学校生活で観察可能な時間に学習者を観察することで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。