【2012年度版】社会科概論 A判定 NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数345
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定を頂き、合格しています。
    2012年度版に対応しています。
    働きながらのリポート、しんどいですよね><
    そんなお忙しい方、是非「参考」にして下さい。
    あなたのリポートの骨子作成のお手伝いになるかと思います。

    本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。

    1.社会科授業の基本構造
     まず、社会科の目標について触れ、その後、社会科授業の基本構造はどうあるべきかについて述べる。
     (1)社会科授業の目標
     社会科授業の目標は、子どもたちに社会認識内容を獲得させ、価値判断力を育成することにある。社会認識内容とは、子どもたちの身の回りにある具体的な社会的事象から、子ども自らが社会構造の基本や政治の仕組みについてまで概念を一般化した内容知(概念的知識)のことである。価値判断とは、社会認識内容を基に、未来予測や合理的意志決定をする力のことである。社会科授業において、社会認識内容の保障と価値判断の場を作ることが基本となる。
     この社会科の目標を基に、社会科授業の基本構造について述べる。
     (2)社会科授業の基本構造
     社会科授業の基本構造は、構造的知識の学習の設計、概念的知識の探求過程の設計、価値判断のための合理的意志決定力の育成、の3つによって成り立つ。
     (ア)構造的知識の学習の設計
     まず、一つ目の構造的知識の学習について述べる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本テキストで述べる社会科授業の基本構造について説明し、平成20年度版学習指導要領における社会科の教科目標との関連を考察しなさい。また基本構造に基づく社会科授業のあり方について、幾つかの理論に触れつつ具体的な授業事例を挙げて説明しなさい。
    1.社会科授業の基本構造
     まず、社会科の目標について触れ、その後、社会科授業の基本構造はどうあるべきかについて述べる。
     (1)社会科授業の目標
     社会科授業の目標は、子どもたちに社会認識内容を獲得させ、価値判断力を育成することにある。社会認識内容とは、子どもたちの身の回りにある具体的な社会的事象から、子ども自らが社会構造の基本や政治の仕組みについてまで概念を一般化した内容知(概念的知識)のことである。価値判断とは、社会認識内容を基に、未来予測や合理的意志決定をする力のことである。社会科授業において、社会認識内容の保障と価値判断の場を作ることが基本となる。
     この社会科の目標を基に、社会科授業の基本構造について述べる。
     (2)社会科授業の基本構造
     社会科授業の基本構造は、構造的知識の学習の設計、概念的知識の探求過程の設計、価値判断のための合理的意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。