【2012年度版】教育社会学1 A判定 NEW

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数144
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定を頂き、合格しています。
    また、2012年度版に対応しています。

    働きながらのリポート、しんどいですよね><
    そんなお忙しい方、是非「参考」にして下さい。
    あなたのリポートの骨子作成のお手伝いになるかと思います。

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    本リポートは、第1項で学歴社会を定義し、第2項で日本における学歴社会の成立過程を概観し、第3項で現在の学力社会に対する評価と問題点について言及する。そして、最終項である第4項では、学歴社会を考察することによって見えてくる今後の日本社会に求められる社会のあり方に述べる。
    1.学歴社会の定義
     まず、学歴社会について定義から考える。学歴社会を辞書で調べると「学歴によって社会的地位や評価などが定まる社会」(松村明『大辞泉』1995,小学館)とある。言い換えれば、「

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    本リポートは、第1項で学歴社会を定義し、第2項で日本における学歴社会の成立過程を概観し、第3項で現在の学力社会に対する評価と問題点について言及する。そして、最終項である第4項では、学歴社会を考察することによって見えてくる今後の日本社会に求められる社会のあり方に述べる。
    1.学歴社会の定義
     まず、学歴社会について定義から考える。学歴社会を辞書で調べると「学歴によって社会的地位や評価などが定まる社会」(松村明『大辞泉』1995,小学館)とある。言い換えれば、「社会的地位や評価を決める主たる基準を学歴に置く社会」である。短絡的に言えば、企業が雇用者を採用する際の判断基準が「学歴」となる社会と言える。言い換えれば「学歴基準社会」とも言えるだろう。
     また、「学歴社会」とよく混合される言葉に、「高学歴社会」があるが、これは単に「高学歴の多い社会」を意味する言葉である。高学歴社会とは高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であると定義されている。文部科学省により20..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。