成年後見制度の概要と現状について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数729
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    成年後見制度の概要と申し立ての流れをまとめ、現状の課題の課題についてまとめたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成年後見制度は、精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申立てをして、対象者を援助してくれる人を付けてもらう制度である。不利益とは、「ある一人暮らしの老人が、悪質な訪問販売員に騙され高額な商品を買わされてしまう」などがあり、成年後見制度を利用していれば、未然に被害を防ぐことができる場合がある。また、成年後見制度は精神上の障害により判断能力が十分でない方の保護を図るのに加え、「自己決定権の尊重」、「残存能力の活用」、「ノーマライゼーション(障害のある人も家庭や地域で通常の生活をすることができるような社会を作るという理念)」の理念をその趣旨としている。
     成年後見登記制度は、法定後見制度と任意後見制度の利用の内容、成年後見人の権限や任意後見契約の内容などをコンピューターシステムにより法務局で登記して、登記官が登記事項証明書を発行して情報を適正に開示することにより、判断能力の衰えた方との取引の安全を確保するための制度である。以前は戸籍に記載されていたが、プライバシーの保護や成年後見制度の使い勝手を考慮して成年後見登記制度が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。