現在の保険医療の施策の概要・現状の問題・今後の課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数264
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成21年版厚生労働白書 第2部おもな厚生労働行政の働き 第1章健康な生活と安心で質の高い医療の確保のための施策の推進 を読み、現在の保険医療の施策を概説し、現状の問題と今後の課題についてまとめたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <現在の保険医療の施策>
    医師確保対策については、2005(平成17)年8月、「医師確保総合対策」、2006(平成18)年8月に「新医師確保総合対策」、厚生労働省、総務省、文部科学省の3省において取りまとめたが、政府・与党においても2007(平成19)年5月31日に「緊急医師確保対策について」が取りまとめられる。「緊急医師確保対策について」では、緊急臨時的医師派遣、病院勤務医の過重労働の改善、医療リスクに対する支援体制の整備など、短期的・中長期的な取り組みを取り決め、これまでの医師確保対策に加えて更なる取り組みがまとめられた。2008(平成20)年度予算においては、医師確保対策予算を161億円、平成2009(平成21)年度予算においては、272億円に拡充し、これらの各般の対策が反映されることになる。
    医師不足については、限られた医療資源の下で、地域で必要となる医療を地域全体で提供するために、地域の拠点となる病院から医師が不足している病院等に対して、医師を派遣するシステムを構築することが重要である。 都道府県において、地域の公的医療機関、大学病院、住民代表等が参画する「都道府県医療対策協..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。