児童虐待についての課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数848
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    虐待防止などについて
    児童部会児童虐待防止についての「親権問題」などについてまとめたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初めに、「児童虐待」という言葉をよく耳にするが、どのようにどのような虐待が行われているのだろう。虐待の種類については、「身体的虐待」、「性的虐待」、「心理的虐待」、「ネグレクト」など、4種類に分類されている。これらの虐待は、それぞれが単独で発生することもあるが、「暴力と暴言」、「性的暴行と暴力・脅し」などのように、重複して起こる場合もある。身体的虐待については、保護者が子供に、殴る、蹴る、水風呂や熱湯の風呂に沈める、刃物で切る、アイロンを押しつける、首を絞める、異物を飲み込ませる、厳冬期などに戸外に閉め出す、などの暴行をすることを指す。子どもは、打撲や骨折、頭部の外傷、火傷、切り傷などを負い、死に至ることもある。性的虐待については、子供への性交、性的な行為の強要・教唆、子供に性器や性交を見せるなどがある。性的虐待は、本人が告白するか、家族が気づかないとなかなか見つける事ができない。心理的虐待については、大声や脅しなどによって恐怖に陥れる、無視や拒否的な態度をとる、著しく兄弟間差別をする、自尊心を傷つける言葉を繰り返し言う、子どもがドメスティック・バイオレンスを目撃する、などがある。ネグ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。