障害者自立支援法について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数455
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者自立支援法の概要など
    法についての概要をまとめ、どのような問題点があるかなどをまとめたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     障害者自立支援法は、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神保健福祉法及び児童福祉法の4法の障害児(者)の自立に向けた支援を提供することを目的とした共通の障害者施策の一元化を図った法である。2003年度に導入された支援費制度により、障害保健福祉施策は飛躍的に充実していった。しかし、施設や事業体系の不透明さ、サービスを提供する体制が整っていない地方自治体があるなど、地域格差がある、国と地方自治体の費用負担ルールでは、増加していくサービス利用の財源を確保することが難しいなどの課題があった。これらを解消するために定められたのが障害者自立支援法である。
     障害者自立支援法導入の目的としては、「障害者基本法の基本理念にのっとり、身体障害者福祉法、知的障害福者祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、児童福祉法その他障害者及び障害児の福祉に関する法律と相まって、障害者及び障害児がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスに係る給付その他の支援を行い、障害者及び障害児の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。