法人におけるコンプライエンスとガバナンスの説明

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数305
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リスクマネジメントについても説明しています。
    法人におけるコンプライエンスとガバナンスをまとめました。
    また、福祉サービスにおける危機管理(リスクマネジメント)に関する取り組みにおいて大切な事をまとめたものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <コンプライアンスとガバナンスについて>
    本来の意味でのコンプライエンスとは、「自らの組織に関わる法令などを点検確認し、この法令などを守り活動を行うために具体的なルールを自分たちで考えて作り、これを周知徹底し、そのルールを常日頃から守っているかどうかを検証しながら活動を展開していくこと」と定義されている。これは、単に法令を守るということだけでなく、積極的に守るための体制づくりと、それを運営することを含めた意味があるといえる。法人におけるコンプライアンスについては、法令遵守に加えて基本的人権などの権利擁護に関する「倫理遵守」がより大きな意味を有していたが、先述のように、介護保険によるサービスが消費者契約の一種であるとする考え方が浸透したことで、社会福祉法人などの事業者も、営利事業者と同様のコンプライアンスが求められている。介護保険制度においては、社会保障構造改革による変革の中で、コンプライエンスは強く求められている。しかし、利用者は心身障害、高齢などにより、一人前の生活を実現するために支援を必要としている。コンプライアンスを遂行するためには、事業理念やサービスに対する姿勢はもちろん、倫理..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。