Q0103 西洋の歴史【第二設題】 佛教大学 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数445
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題:テキスト『アトランティス・ミステリー』について。アトランティス伝説の解釈について3つ以上例を挙げながら、自身の解釈を論じなさい。そのうえで、なぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容をふまえたうえで、自身の考えを論じなさい。
    アトランティスとはギリシアの哲学者プラトンの著作に登場する伝説の島の事である。現代から一万二千年ほど前に大西洋上にアトランティスという島が存在し繁栄していたが次第に堕落し神罰によって一昼夜にして海中へ没してしまったと伝えられている。詳細を述べると「ティマイオス」冒頭でアタランティス伝説について軽く触れられており「クリティアス」になると、そのほとんどがアトランティスについての内容となっている。中には「何とも不思議な話ではあるが、しかしそれは全面的に真実の話」と強調されており現在の学者たちが探究心を刺激されているといえる。現在ではアトランティスはプラトンによる創作であるという見方が一般的であるが、その一方で、存在の是非、さらには存在していた地理的位置をめぐる探究は続けられている。
    ダンリーの大西洋実在説
    アメリカのイグネイシャス・ダンリー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。